老けない女性ランクル夫人!70歳で30歳の若さを保つマッサージ法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡の美貌を誇る伝説のアンチエイジング女性「ニノン・ド・ランクル夫人」
70歳で30歳の若さ、90歳で40代にしか見えなかった、など情報は様々です。
このランクル夫人が実年齢マイナス40歳の若さをキープしていた方法は、シンプルな「甲状腺マッサージ」を毎日欠かさず続けただけだったのです。

 

スポンサードリンク

二ノン・ド・ランクル夫人とは

ルイ14世の時代に実在した女性です。

1620年~1705年(84歳)*90歳説も…。

12歳で父親が決闘の末フランスから追放、22歳の時に母親が死亡。
その後は生涯独身で自立する事を誓い、パリを離れ修道院に入りました。

後にパリに戻ってからは、高級娼婦として、著名人が集まる「サロン」で人気者に。

その後は知性を活かし、自身でサロンを運営。
著名人や名士と交流を深めながら、芸術家の支援などにも力を入れていた、知性と美貌を兼ね備えた女性です。

70歳の時に「どう見ても30歳にしか見えない」という驚異的な美貌は

「我が国の誇り」というルイ14世の賛美の言葉からもうかがえます。

ほぼ、妖怪レベルのアンチエイジング。

現在のように画期的な美容成分が次々発表されるわけでもなく、美容法なども確立されていなかった時代です。

もちろんサプリもありません。

…妖怪?。

いえ、ランクル夫人が取り組んでいたのはシンプルな方法でした^^。

スポンサードリンク

ランクル夫人の甲状腺マッサージ

出典:http://www.france-pittoresque.org

ランクル夫人が行っていたのは

「朝晩欠かさず毎日、顔と首を手のひらで50回ずつマッサージする」

という、至ってシンプルな方法です。

甲状腺を刺激することでホルモンが分泌され、若返り、美肌・美髪などを効果的に維持する事ができます。

このシンプルなマッサージ法は、やはり同じように

「70歳の時に40代にしか見えなかった」

とされているベンネット氏が研究し、後に「ベンネット式顔面摩擦法」として知られることになりました。

★マッサージの方法

★首のマッサージ

① 両手のひらを20回こすり合わせます。
(気の流れを良くし、血行をよくすることで手のひらをあたため、効果を高めます。)

② 両手のひらを首に密着させ、アゴに沿って喉仏の下から首の後ろまで50回なで上げます。
(力を入れず、手のひら全体でやさしくなで上げます。)

★顔のマッサージ

① 両手のひらを20回こすり合わせます。

② 両手のひらをアゴに密着させ、フェイスラインに沿ってこめかみの辺りまで50回なで上げます。

③ 両手のひらをおでこに密着させ、横、上それぞれ50回なでます。

シンプルですね^^。

ランクル夫人のマッサージまとめ

現在と比べて効果的な美容法が少ない時代に、奇跡の若さを保っていた女性の

お金がかからない
時間がかからない
難しくない

シンプルな方法です。

肖像画でしか見る事は出来ませんが「実在する人物」という事で、見てみたかったなぁ、と思います。

実際そばで見ていた人は、どんな感じだったのでしょう。

奇跡を目で見る感じなのでしょうか^^。

 

関連記事

40代以降も綺麗な肌でいるために…【オルビスU】お試しセット体験

これは怖い!幼女から老女へ 4分間で見れる老化の過程「ダニエル」

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*