職場女性との人間関係が上手くいかない…辛い日々考えていた事と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に「何だったんだろう」という辛い日々でした。
けっきょくは、40代後半にして始まったパートさん集団の嫌がらせで病気になり「辞める」以外の選択肢がなく、全てはどうでもいい事になりました…^^;
無視、嫌味、聞こえるような悪口、裏切り…
「女性の集団」の怖さや不気味な仲間意識、諦めるしかない日々に考えていた事をまとめてみました。

スポンサードリンク

魅力がないから、人の不幸が見たい

失礼ながら職場の女性は見事にそんなかんじで分かれていたので、多分そうなのだろうと思います。

この人いいな、と思う人は集団に属さず、適当に合わせ、自分の勉強をしてステップアップし、早々にその会社から去って行きました。

人の入れ替わりが激しく、残っているのは何十年もいる「主」のような集団だけです。

今も思い出すと腹が立つので、キツイ表現になってしまいます^^。
私も成長しなければいけませんね。

それでも実際、内外ともに全く魅力がない人たちでした。
人を傷つける事を日々の楽しみにしているような人は、はたから見て醜いと思われるリスクくらいは、負うべきなのです。

若くてもいっしょくたに「おばさん連中」と陰で呼ばれていました。

日々考えていたこと、ゆずれなかったこと

集団いじめを日々の楽しみにしている人は「本当に美しくない!」
作りが良かったとしても、本当に悲しいほど醜く見えてしまうのです。

職場女性の嫌がらせで会社を辞める時考えた【アンチエイジング】の事

 

職場での嫌がらせでお悩みの人も多い「無視」ですが、挨拶もまともにできない人について、あなたが悩むことはないのです。
おかしいのは向こうです、私は別の意味で完全無視をさせてもらいました。

職場女性の嫌がらせ【無視】 挨拶しない人達への自分なりの対処法

 

女性3人…これも永遠のテーマですね、自分と向き合う事で乗り切りました。

職場の人間関係は女性3人が難しい!【もう無理】と思った時の対処法

 

上司…当たり外れがありますね。
私はもう全く期待できないとわかっていたので、相談しようという気にはなりませんでしたが、もうどうにもできなくて相談してしまった同僚がさらにひどい状況になるのを見てきました。
相談する人は、選ばないとだめですね。

職場の人間関係の悩みは上司に相談しても改善しない!…どころか

 

くだらないことを日々のエネルギー源にしている人は「美しくない」の一言です。
若さで勝負できない世代の違いはここでハッキリ分かれます。

職場で嫌がらせをする【おばさん】と絶対にしない【女性】の違いは…

 

これは、へこみます^^。
…えっ?という感じです。
ただ「強くならなきゃ!」とも思えるので、落ち込んだ後は状況改善の「パワー」として、利用させてもらいました。

職場の人間関係で辛いのは悪口や無視より信頼してた女性の手の平返し

 

理不尽な扱いに「仕返ししたい~~」と考えてしまう気持ち、わかります。
…が、これはやり方を間違えると、さらに自分を苦しめた人たちの「思うつぼ」になる事も…。
気の毒なケースを見てきたので、一呼吸置くことをおすすめします。

職場での嫌がらせにキレてやり返す前に…反撃に向く女性向かない女性

職場の陰湿な嫌がらせには負けない!…反撃に出た女性の理不尽な結果

 

レベルの低い悩みにどっぷりつかっていた状態から、やっといい方向に向かえていると言える今の状況について考えてみました。

40代人間嫌い…人と関わりたくない生きづらい日々…当時考えていた事

 

職場を離れて、今思う事

40代以降は特に今後の事が心配で、どれだけひどい目にあっていてもなかなか退職には踏み切れないものですよね、でも「案外大丈夫!」です^^

身体を壊す前に「何かできないかな」と、考えてみると実際あるものです。

そうすると希望が湧いてきて「こんな職場踏み台にしてやる!」くらいの勢いで次に向かっていく準備ができるのです。

人間関係は劣悪でしたが、私は仕事が好きでした。

この仕事に就きたい!と思って、学校に行って、資格も取って、情熱をもって続けてきた仕事です。

好きな事、得意な事に情熱を持って取り組めば、絶対大丈夫と信じています。

変な人たちの憂さ晴らしの対象として、定年までカレンダーに×をつけながら日々を乗り切るくらいなら、何か探してみるのもいいのではないかと思います^^。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*