ブルーベリーは目にいいだけ?凄いアンチエイジング効果で肌老化予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーベリーといえば「アントシアニン」
アントシアニンといえば 目にいい
ブルーベリーに関するイメージはこんなザックリした感じです。
このブリーベリー…実は抗酸化成分がたくさん入っていて、アンチエイジング効果がすごいのです!

 

スポンサードリンク

ブルーベリーのアンチエイジング効果

老化を引き起こす要因「活性酸素」

この活性酸素の働きを抑えてくれる「抗酸化成分」がブルーベリーには豊富に含まれています。

その中で最も優れた働きをするのが、ブルーベリーの青色の素「アントシアニン」です。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンには強力な抗酸化作用があり、悩みのしわやたるみなどの老化を防ぐ働きがあるのです。

さらに、肌荒れ、シミ・そばかすなどの肌悩みも改善されます。

その他、ビタミンA、C、E、レスベラトロール、など老化を抑える働きでおなじみの成分なども豊富に含まれているのです。

これらは単体でサプリメントにもなっているアンチエイジング成分で、ブリーベリーを食べるだけで「まとめてとれてしまう」という利点もあります。

おいしいだけじゃない、ただものじゃないスーパーフードなのです。

スポンサードリンク

もちろん目にもいい、さらに健康にもいい

ブルーベリーは「目にいい」が一般的なイメージですが、本当にいいです。

アントシアニンはアンチエイジングだけではなく、むしろこちらの方が一般的に知られているのではないかと思いますが、目の健康にとても効果があるのです。

ブルーライトによる目への負担の軽減
白内障の予防
眼精疲労・疲れ目の改善
近視、遠視、ドライアイの改善など…

ブルーベリーの抗酸化作用で、症状の改善が期待されています。

目以外の健康効果は…

記憶力の低下、アルツハイマー、抜け毛などの老化に関するもの、
免疫力アップ、骨粗しょう症、便秘など健康に関するもの、たくさんあります。

おいしく食べるだけで、こんなにすごい効果が…。

簡単に日々の食事にプラスできるので、是非取り入れてみて下さい。

ブルーベリーについて

★冷凍のほうが栄養価が高い
生より手に入り易い冷凍の方が、栄養成分を効果的に摂取できるという事なのです。
ヨーグルトに入れたり、そのまま食べるだけでも大丈夫です。
(冷えだけは注意してくださいね)

★1日の摂取量
6~12粒などの記載もありますが、60~300g(60~300粒)とされています。
けっこう食べなくてはなりませんね^^;

これでは続かないので、サプリメントと併用するのがおすすめです。

ブルーベリーが目にいい事や、身体にいい事は「なんとなく」知っている人も多いと思いますが、アンチエイジング効果もかなり高いフルーツなのです。

老化防止成分として注目の「レスベラトロール」まで含まれているという、大盤振る舞い。

じつは目のためにサプリメントを摂っていましたが、効果が見えにくくやめてしまった事があります^^。

サプリは長期戦だと、知ってはいたのですが…。

それでも「老化も防げるんだ」と思うと長続きしそうです。

冷凍ブルーベリー+サプリ…始めてみようと思います。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*