高カカオチョコレートで痩せるにはいつ食べる?1日の目安量は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これはチョコレート好きには朗報なので、実践した人も多いのではないでしょうか?
私も、もちろん喜んでやりました。
バレンタインには目を引くチョコレートがたくさん出てつい「自分チョコ」買ってしまいますね。

これを「高カカオチョコレート」にするだけで、ダイエット効果・美肌効果など、色々期待できるのです。

スポンサードリンク

高カカオチョコレートダイエットのやり方と豊富な栄養成分

カカオの含有量は70%以上のもの
1日の目安量は25g~50g
食前に時間をかけてゆっくり食べる

ルールとしてはこれくらいのものです。

ダイエットに効果的な理由は、チョコレートをゆっくり食べる事で血糖値が上昇し、満腹中枢が刺激されることによって、食べ過ぎを防ぐ。

さらに、チョコレートに豊富に含まれる食物繊維が、便秘を改善する。

カカオの含有量が多いほど、ダイエット効果は高いのです。

その他、高カカオチョコレートには嬉しい効果がたくさんあります。

カカオポリフェノールの抗酸化作用には、しわ・たるみを防ぐアンチエイジング効果、動脈硬化の予防、さらに血圧の正常化など様々な効果が期待できます。

ダイエットも、美肌もかなえてしまう、素晴らしい食材ですね。

スポンサードリンク

高カカオチョコレートダイエット実践

特に食事制限をするわけではなく、ただ食前に食べるだけなのでこれは楽でした。

今まで食べていたビターやミルクチョコレートと置き換えるだけだったので。

チョコレートダイエットの実践で「劇的に痩せた」という事はなかったのですが、食べやすいビターやミルクチョコレートよりは量がいかず、食べる量が減りました。

高カカオチョコレートの味が好き!という人でない場合、美味しく食べられるのは70%くらいまでなのではないかな…と思います。

私は比較的「苦くても大丈夫」という方で、明治の「チョコレート効果」というシリーズの72%と86%の組み合わせで食べていました。

86%…72%の後に食べると甘みがありません^^。

このシリーズの95%は以前の同僚がいったん口に入れた物を、ティッシュに包んで捨てた事があります。

ほぼ、粘土。

ですが私には、美味しくはないけど食べられないこともないレベルでした。

まとめ

高カカオチョコレートにはダイエット効果の他に、アンチエイジング、美肌、健康など様々な効果が期待できます。

チョコレートを食べながら痩せられる、幸せなダイエット法ですのでおすすめです。

70%くらいなら美味しく食べられると思いますが、それ以上になるとやはり好き嫌いがはっきりすると思いますので、突然86%にチャレンジするのは…おすすめしません^^。

もう一つ…

甘みがないので低カロリーかと思いがちですが、脂肪が多い分高カロリーなのです、食べ過ぎにはご注意を。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*