洗顔の正しい方法とは?女性におすすめの水洗い等、試した結果は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗顔の方法について困った事はありませんか?
ニキビ、黒ずみ、毛穴、クスミなど悩みも様々なら、石鹸、ジェル、クリームなど洗顔料のタイプ、それらを使った洗顔の方法など、何を使ってどうするのが効果的なのか。
私は困っていました^^。

 

スポンサードリンク

両極端な方法で、それぞれ美しい人たち

雑誌やインターネットなどで「これが正しい」という方法はたくさんあります。

そして全く両極端なことを言っていながら、その正反対の方法を採用し、それぞれ輝くような美肌の持ち主だったりするわけです。

これに関しては本当に人によって様々で、しかもきっちりした説得力のある説明がなされている。
これは困った。
そこでとりあえず、いいと言われるものを片っ端から試してみました。

色々試してみました

朝は冷水で50回(洗顔料は使いません)夜はクレンジングのみ
読んで字のごとく、単に水で50回ほどバシャバシャと洗うだけ。冷たい水というのがポイントです。

毛穴を引き締め、肌を甘やかさず顔タレを防ぐため、冬でも冷めたい水で洗います。

※氷水を使うと良いという説もありましたが、一回で断念しました。

朝はぬるま湯で(こってりしたクリームを塗った時は洗顔料も使用OKです)、夜はクレンジングのみ
上記の方法のぬるま湯バージョンです。

冷水は刺激が強く、朝毛穴が開いて内部の汚れが落としやすい時に毛穴が閉じてしまい、汚れが落ちなくなってしまうのでぬるま湯をつかうというやり方です。

お湯を使ってしまうと、肌の油分を奪い乾燥してしまうので、お湯は使いません。

パウダー状の洗顔料(どのタイプの洗顔料でもOK)で泡洗顔
手の上で少しずつ水を足しながら、丁寧にきめの細かいテニスボールくらいの泡を作り、その泡をクッションにして手と皮膚が触れないように注意しながら、力を入れず優しくぬるま湯で洗います。

とにかく絶対こすらない!一番信頼度が高く、実践している方も多いだろうと思われる、人気のあるスタンダードな洗顔方法です。

洗顔料を顔の上で泡立てる
泡洗顔を推奨する専門家の方たちにとっては邪道といってもいいような大胆な方法です。

泡立てた状態の泡には効力がなく、肌の汚れを掻き出す効果が薄いとの事で、ペーストタイプの洗顔料をそのまま顔の上に乗せ、クレンジングの時同様に肌の上で手をクルクル動かして泡立てていくというやり方です。

洗顔用のブラシなどを使うのもおすすめです。

その他に…あまり参考になりませんが

ふき取りジェル
ジェル状の洗顔料をおでこ、鼻、両頬、顎の5か所にたっぷりのせ大きめのコットンでふき取ります。

人生初めてのフェイシャルコースで推奨していた方法です。

(高価なピンク色のジェルで香りも良く贅沢気分を味わえて、ちょっと幸せでしたが、その後ジェルが落ちるまで延々水でふき取っていかなければならず、長続きしませんでした。)

休日は思い切って洗わない
要はこするのが肌に一番負担がかかるので「こすらないのが一番」、よって洗わない…という男前な方法です。(一応やってみましたが…)

スポンサードリンク

試してみて…

これだけに限らず、色々その時々でやってはみたのですが、結論をいうとどれも悪くなかったです。

好みの問題といいますか。

やはり洗顔について研究して効果のあった方法を紹介しているというだけあって、どの方法でも肌にトラブルが出るような事もなく普通に良い状態をキープできました。

これは共通してやらない方がいいのは、お湯で洗う、強くこするくらいでしょうか。

今は水洗顔が多いです(寒い日はぬるま湯を使ったりもしますが)トラブルはほとんどないです。
スクラブ系も「たまに取り入れるべき」「絶対ダメ」と賛否両論ですが、たまに使うと気持ちいいので使っています。

すべすべしてするし、後からトラブルになった事もないです。

「これが正しい」というのがないので、自分の気に入った方法でOKなのだと思います。

何か特別にニキビ、黒ずみ、毛穴、クスミなどの悩みがある人は、それらのケアに特化した方法などを取り入れてみるといいと思います。

またこれらの悩みは、生活環境、普段食べるものなどの見直しも必要かも知れないですね。

洗顔ひとつとっても、色々あって悩みますが、あれこれ試すのもけっこう楽しいですよ。

関連記事

アテニア スキンクリアクレンズオイル 美容液並の成分で使い方簡単

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*