30代後半からの肌老化 ほうれい線を消すブルドッグ顔解消方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老化のシンボル!自分が老けたなぁと思う一番わかりやすいサインほうれい線。

もう歳だからと諦めて放っておくと、

マリオネットライン~ブルドッグ顔など「老け顔」にまっしぐら。

怖いですね。今すぐ対策を始めましょう!

 

スポンサードリンク


ブルドッグ顔になるまで

★ほうれい線とは

おもに加齢による肌のたるみによって出来る、人の鼻の両脇から唇の両端にかけて伸びる2本の線のことをいいます。。

その他、乾燥、睡眠不足、ストレス、食生活など様々な原因が考えられますが、シワではなく脂肪のたるみによる溝で、30代から目立ち始める人もいます。

 

★マリオネットライン(ブルドッグライン)とは

こちらもおもに加齢によって現れる、両口角から顎に向かって、ほうれい線と平行に出来る深い溝のことをいいます。

表情筋の衰え、乾燥、姿勢が悪い・頬杖をつくなどの日常的なクセも、マリオネットラインを作り出す原因となり、40代以降の女性に多く見られます。

腹話術などで使われる「マリオネット人形」に似ているという事で、このように呼ばれています。

*「お人形さんみたい」というのは誰もが言われたい「ほめ言葉」ですが、この人形に似ていると言われても、嬉しくないですね^^。

 

こうしてブルドッグ顔は生まれるのです。

 

放っておくと哀しい事になるので、ここはがんばって対策を考えましょう。

 

スポンサードリンク


ブルドッグ顔対策あれこれ

★日常的なクセを見直す

ブルドッグ顔の改善に限らず、猫背などの姿勢の悪さ、片側のみの噛み癖、頬杖など普段のクセを少し意識して変えてみるだけでも効果があります。

 

20代くらいの若い人でも、話すときにおでこに深いしわを寄せて話す人を良く見かけます、そのクセを10年20年続けたら、恐ろしい事になりますね。

 

★強めのスキンケア、間違ったマッサージはやらない

強くゴシゴシこする、皮膚を骨から離すように強い力でマッサージするなどのスキンケアは、肌や筋肉に負担をかけてしまいます。

洗顔など、全ての工程で力を入れすぎないようにしましょう。

 

★ほうれい線に特化した美容液・クリームなどを使用する

これもお手軽なので、取り入れやすいと思います。今は「ほうれい線用」など、そのものに特化した商品も出ているので好みのものを使ってみて下さい。

*効果はわかりにくいですが、ひと手間かける事でケアしているという意識が高くなり、スキンケアに力が入りますよ。

 

★保湿を心がける

乾燥は「ブルドッグ顔」の要因の一つです。乾燥によるシワの発生を防ぐため、シートマスクなどの保湿を習慣にしましょう。

 

★ほうれい線をのばすエクササイズ

上唇の真ん中から円を描くように舌でほうれい線をのばしながら、左右3回ずつを2~3セットおこないます。

特に何も必要なく手軽に出来るので、気が付いた時にすぐに出来ます。

*顔が乾燥した状態では逆効果になります。

 

★表情筋を鍛える

表情筋を鍛える事はほうれい線、マリオネットラインの対策、小顔効果などの様々な利点がありますが、口回りの口輪筋を鍛えることがブルドッグ顔に最大の効果を発揮します。

500mlのペットボトルに1/5程水を入れて、唇の力だけでペットボトルをくわえて持ち上げ、10秒ほどキープできればOKのエクササイズです。

*けっこうきついです。歯を使って持ち上げても効果はありません。

 

★顔ヨガ

顔全体のそれぞれの悩みに対応する優れものです。総合的に顔筋が鍛えられるので、ブルドッグ顔の防止に効果的です。

 

今、毎日の日課になっているのが「ほうれい線用」美容液と、一日10分程度で全ての工程が終わる「顔ヨガ」のDVDを使ったエクササイズです。

ここに書いてあることは、ブルドッグ顔を解消するだけではなく、美肌を保つためにはどれも必要なことばかりです。

色々やる事がありますが、諦めて「老け顔」にならないよう、頑張りましょう!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*