ダイエットの動機の一つ「もっと痩せたら?」の軽い一言が摂食障害へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

摂食障害といえば食べ物を一切受け付けない、食べては吐くなどの「拒食症」
冷蔵庫の前に座り込み、あるものすべて…生肉までがつがつ食べるような「過食症」
このような極端なイメージがありますがお菓子しか食べないなど、そこまでわかり易くないものも食行動が異常なら十分に摂食障害の疑いがあります。

 

スポンサードリンク


「もうちょっと痩せたら?」彼氏から言われた本当になにげない一言

男性から言われた軽い一言「もっと痩せたら?」…これが引き金になる事も多いのです。

ほとんどの場合本当に悪気はなく、冗談(もしくはちょっとだけ足痩せしてくれたらなぁ)くらいの軽い気持ちです。

なので、普通に考えればそんなに大したことにはならないはずなのです。

だって今は女子の皆さんが強い時代です。

そんな強い女子の皆さんや、私たちアンチエイジング世代なら
「はぁ?!アンタこそそのだらしない体型なんとかしたら?」
くらいの事は言ってやって、返り討ちにしてやるパターンが多いのではないかと思います。

けれどそうじゃない人がいるのです。

普段大人しいわけでも、冗談が通じないわけでもない、なのにそこだけ過剰に反応してしまう女性は、やはりいるのです。

男性にとっても半分は不運です。
軽率な事を言ったという罪はありますが、そもそも「彼女」は「好きな人」です。

その好きな人が目の前でだんだんとミイラ化していくわけですから…。

私もこのような状態を経験しました。

私の場合は誰かに「太ってる」と言われたわけでもない、完全な自業自得ですが。

何でも言える間柄でも女性にとって「容姿の事」は少し違うのです。

普段明るい人でも、誰でも体型にコンプレックスはあり、自分が気にしている「正にそこ」を他人からも指摘されると、とたんに極端な行動に出てしまったりするのです。

容姿の問題は根が深いです。
どこにNGワードが潜んでいるかわかりません。

大事な人をミイラにしたくなかったら、容姿については言葉を選ぶことが必要になります。

逆に不健康に食べ過ぎて短期間にどんどん太ってしまった場合も、同じです。

本人は好きでやっているわけではない、これは病気なのです。

スポンサードリンク


キレイになる事ではなく体重減だけが目的になっていく

一定期間が過ぎると、もう見た目には意識がいかず、体重計の針のみに意識が集中していきます。

ここまでくると元々の動機「彼氏」の言葉も届かなくなってくるのです。

「ごめんなさい、がんばって痩せるから」などと言い出したら完全にアウトです。

私もこの状態の時は、別に誰に対してという事もなく

「ごめんなさい、ごめんなさい」

と、日々頭の中で謝罪しているような感じでした。

彼女や友達が短期間で明らかに「痩せたなぁ」と感じたら、言動がおかしくなる前にやめるように説得してみて下さい。

まとめ

「もっと痩せたら?」はNGワード…(本心がどうであれ)使わないのが一番です。

知らずに使ってしまった際は、言動がおかしくなる前にやめるように説得しましょう。
*ダイエット前のほうが可愛かった。
*痩せたらなんか、一気に老けた。
など、続ける意味がないような事を言うのも(初期段階なら)聞き入れてくれる可能性があります。

何を言ってもダメな場合は、本人にもどうする事も出来なくなっているので病院に連れて行きましょう。

 

関連記事

ダイエットで食事制限のみは危険!痩せないだけじゃない様々な問題

 

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*