映画ポゼッション 老けない美貌のフランス女優イザベルアジャーニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

究極のアンチエイジング女優イザベルアジャーニ。
美魔女という、どこか大衆的な響きとは無縁の

完全な「魔女」

そんなイザベルアジャーニの主演映画の中でも、自分の中で「最も」美しい映画がポゼッションです。

 

スポンサードリンク

ポゼッションという映画

熱狂的なマニアから支持される、ホラー映画です。

内容だけ簡単に書いてしまえば…
舞台はドイツ近郊の都市。
単身赴任から帰って来た夫が妻アンナの態度の変化に気付き…そこから色々な出来事が起きていきます。
妄想が生み出した「魔物」に憑りつかれて、だんだん狂気にはまっていくアンナは…
という、多分ちゃんとしたあらすじを読んでも、普通にホラーかなという感じです。

何故この映画がマニアの人たちから熱狂的な支持を受けるのか?

これはイザベルアジャーニがあまりにも美しいからなのではないかと、私は思っています。

これはイザベルアジャーニでなければ、ここまで価値の高い映画にはならなかったのではないか?ホラーって名作にはなりにくいものだと思うのです。

何の感情も読み取れない青い目と、透き通るような肌と、黒い髪と、青い服。
私のこの映画の色のイメージは青と白と黒の3色です。

この映画でよく「圧巻」と言われている狂気のシーンでも、やはりどこか感情のない静けさがある。

このシーンはアジャーニ以外の人がやったら、騒がしいただのホラーになっていたのではないかと思います。

…私も完全なマニアですね^^。

出典:大映株式会社

イザベルアジャーニという女優

この人を語る時に出てくるのは何と言っても、妖怪レベルで「老けない」という事です。

さすがに現在では年相応になってきていますが、20歳から40歳前後まで、見た目はほとんど変わりませんでした。

38歳の時「可愛いだけじゃだめかしら?」という映画で24歳のモデルを演じましたが、全く違和感はありませんでした。

ホラー並です。
「老けない奇病」説も浮上していたほどの美貌の持ち主です。

執念のリフトアップなどのウワサもありましたが、そうだとしても世の中の人はほぼ成功していません。

お金さえ出せば若さを保つことが出来るなら、いくらでもお金をかけられる人、実際かけている人もいると思いますが、やはり不自然だったり、やりすぎでゴム人形みたいになってしまっていたり

自然に任せた方が…

と思われる人も、残念ながら多いです。

まとめ

単なる大ファンの独り言ですね^^;

ついでに大ファンだったSOFT BALLETのOBSESSIONという曲の中の間奏に、このポゼッションのアジャーニの声が使われています。

かなり長い間一人でしゃべるシーンのセリフの一部で、一番好きなシーンです。

アンチエイジング女優って誰だろう?と思った時この人がまず浮かびました。

他にも好きな女優さんはたくさんいます。

でも「老けない」で考えると、この人を置いて他にはいません!

久しぶりに映画をみたくなりましたが、当時ビデオを買ってしまったので見れません。

残念です^^。

 

関連記事

映画【テス】美しい音楽とナスターシャ・キンスキーのありえない美貌

老けない女性ランクル夫人!70歳で30歳の若さを保つマッサージ法とは

レティシア・カスタ×高橋一生主演 ブシュロン短編映像【シンデレラ】

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*