ダイエット中 3時のおやつに甘い物が食べたい!バナナはおすすめか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩せる!ということで一時期流行ったバナナダイエット。
痩せた人のアフター写真が、痩せたというよりやつれた感じだったのでそれだけを食べる「バナナだけダイエット」はおすすめ出来ません^^。
では、おやつとしてはどうなのか?

 

スポンサードリンク

バナナの栄養と効果

おいしいだけでなく、食べやすい、安価でどこにでも売っているなどいい事だらけのバナナ。

子供から大人まで大人気です。

そこでバナナの栄養価は、というと…

★カリウム
バナナにたくさん含まれているカリウムは塩分を排出する働きがあり、高血圧やむくみが解消されます。

★たんぱく質
筋肉や血液など、身体をつくる事に欠かせない成分です。

★マグネシウム
歯や骨の形成、イライラの解消、便秘の改善、さらにエネルギー代謝などの働きがあります。

★ビタミンB群
ダイエットビタミンと言われているB群が豊富に入っています。
血行をよくし、エネルギー代謝を促します。

★食物繊維
便秘や生活習慣病の予防などの働きがあります。

このように栄養価は、とっても高いのです。

なので…
「バナナだけダイエットは」いただけませんが
「ダイエットおやつバナナ」は、とってもおすすめです^^。

スポンサードリンク

バナナはおやつに最適です

栄養価が高く、カロリーは1本約80~100kcalほどなので、ダイエット中のおやつは「大体100kcal」を目安にしている人には理想的なおやつになります。

チョコレートなどを無意識に1箱食べてしまう人は、甘いバナナと置き換えると栄養的にも、ダイエットにも良いですね。

糖質は高いですが、すぐにエネルギーに変換されます。
エネルギーが長時間持続するので、アスリートなどにも人気です。

運動前や朝食にもおすすめですよ。

効果的なバナナの摂り方

栄養価が高い、おいしい、お手軽、安い…ということで、私は「おやつ」ではなく「朝食」として毎日食べています。

お腹にたまるし、便秘にも良いのでほぼ毎日欠かさず食べています。

朝食としても非常におすすめですよ^^。

おやつのカロリーオフだけでなく、さらにダイエット効果を高めるには

ちょっとがんばって夕食のご飯をバナナと置き換える…
毎日ではなくても、気が向いた時だけでもちょっとしたカロリーオフになります。

 

そして効果的な食べ方として「焼きバナナ」があります。

オーブントースターで皮が黒くなるくらい(10分程度)焼くだけの簡単な方法ですが、栄養価、甘み、ダイエット効果、アンチエイジング効果などがさらに増すおすすめの食べ方です。

バナナは身体を冷やす食べ物なのです。

なので冷蔵庫で冷やして食べる以外の、ちょっと温まる食べ方を是非試してみて下さい。

デザート感覚で食べられますよ。

 

関連記事

ダイエットおやつは1日何カロリーまでなら食べても太らないのか?

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*