肌 老化のメカニズムと シワ たるみなどを予防する簡単な3つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老化とは何か?

「加齢により生体機能が低下し、病気にかかり易くなり、最終的には死に至る過程である」

こう言われてしまうと何ともさびしい感じですね。実際、細胞レベルで言えば老化は生まれた時からすでに始まっています。

スポンサードリンク

何故個人差があるのか

しかしながら「老い」には個人差があり、同じ50歳でも60代に見える人もいれば、40代、30代に見える人もいます。

なぜか…。

加齢については、まあ防ぎようがありませんが、生活習慣・環境要因などについては改善する事ができます。

ここに力を入れることで老化現象を食い止めることができます。

「いつまでもキレイ」「実年齢より10歳若く見える」と言われるような人は、ここの部分がきちんとできているのだと思われます。

老化の原因とは?

老化の主な原因は「フリーラジカル」によるものだと考えられています。

これによって起きる「細胞での炎症」が、老化に深くかかわっている事が認められてきました。

 

「フリーラジカル」とは、二個あるはずの電子を一つ失った分子の事で、元々ペアだったものが電子を一個失った事で不安定になり、近くにある分子から電子を奪ってしまう現象です。

これを「酸化」と言います。

さらにフリーラジカルから電子を奪われた分子や原子がフリーラジカルに変わり、延々同じ事が繰り返されます。

 

私たちのの身体の中では酸素分子が電子を失いフリーラジカルになったものが大半を占めます。

これが「活性酸素」と呼ばれるもので、老化につながると考えられています。

 

フリーラジカルの発生源は、日光の紫外線・睡眠不足・ストレス・病原菌・タバコ・大気汚染・食べ物・水分補給の不足など、日々普通に暮らしているだけで取りこんでしまう様々なものが考えられます。

何らかの対策をしないと老化のみならず、身体への深刻なダメージにもつながることになります。

 

幸いな事に私たちの体の中にはフリーラジカルに対する防御システム「抗酸化物質」を作り出す機能が備わっています。

カタラーゼ・スーパーオキシドジムスターゼ(SOD)・グルタチオン等がこれにあたります。

…とは言え抗酸化物質は様々な理由により消耗し、すぐに不足してしまうのでやはり対策が必要です。

スポンサードリンク

老化を引き起こすフリーラジカルへの対策とは?

いきなり禁煙したり空気のいい所に引っ越したりは、むずかしいですよね。

簡単に出来るものと言えば…

1、日焼け止めを塗る

(美容液を塗らなくても、日焼け止めだけは必ず塗ろう!というくらい重要です)

2、睡眠時間を確保する

(睡眠不足は老化だけでなく、肥満・活力低下など様々なものに関わってきます)

3、食品から抗酸化物質をとる(難しければサプリメントからでも)

(最も強力なのはビタミンA,C,Eなどの美肌にもいいビタミン類です)

 

これらは簡単ながら効果がありますので、シミ、しわ、たるみなどの老化対策としてぜひ取り入れてみてください。

 

関連記事

肌 老化防止には男女問わず10代から 紫外線による光老化対策を!

高校野球観戦や屋外LIVE!日傘NGな時の日焼け対策【飲む日焼け止め】

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*