しわ たるみに効く有効成分たっぷりの食べ物 美肌を作るなら鮭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーアンチエイジングフード鮭

魚類の老化防止効果美肌効果は色々な所で言われています。魚のタンパク質はとても良質で消化がよく、全ての種類の必須アミノ酸が含まれており、魚に含まれる脂肪には強力な抗炎症・抗酸化作用があります。

そんな優れた食材である魚の中でも、もっともおすすめなのが鮭です。

スポンサードリンク

鮭の栄養成分

アスタキサンチン

鮭の身を赤くしている赤い色素がアスタキサンチンで、優れた抗酸化力を持っています。

美肌成分として有名なビタミンCの6000倍、ビタミンEの1000倍と言われています。

老化につながる多くの原因を防ぎ、細胞全体を守る力があります。

(特に赤みの強い紅鮭がおすすめですよ!)

DMAE(ジメチル・アミノ・エタノール)

神経伝達物質のアセチルコリンを構成する物質で、神経機能を刺激することで肌のハリを保ちタルミを防止する働きがあり、さらに頭がよくなる栄養成分とも言われ、思考力・記憶力が高める働きも持っています。

不飽和脂肪酸オメガ3系(アルファリノレン酸・DHA-ドコサヘキサエン酸・EPA-エイコサペンタエン酸)

DHAは脳や網膜に豊富に含まれる成分であり、摂取することで学習能力や記憶力を高めると言われ、EPAは血液の状態を正常にし、高脂血症を予防する事で動脈硬化、心筋梗塞・脳梗塞などの予防ができると言われています。

*体内でつくられないオメガ3は外から取らなければいけません。オメガ3は魚に多く含まれています。

ビタミン類

糖質の代謝を促すビタミンB1、様々な栄養素がエネルギーに代わるのを助け、体内の糖と脂肪を燃やしダイエット効果も期待できるビタミンB2,カルシウムの吸収を促進して歯や骨の形成を支えるビタミンDなど、有効な栄養成分を豊富にふくんでいます。

これだけの栄養成分が一度に摂れる鮭、そもそも魚が嫌いという人でなければ、食べない手はありませんね。

スポンサードリンク

鮭の種類

鮭には色々な種類がありますが、アスタキサンチンが最も豊富で美味しく、美容・健康・ダイエット・味全てにおいて一番のおすすめは、やはり紅鮭でしょうか。

以前は袋でまとめ買いして、毎日食べていました。天然で値段は少し高めです。

他はスーパーなどで一番よく見かける白鮭(秋鮭、時知らず、時鮭)や、チリ産養殖のイメージが強い銀鮭など、他にもたくさんあります。

魚が嫌いな人はアスタキサンチンのサプリメント、化粧品なども今はたくさんありますので、自分に合ったものを見つけてみて下さい。

スーパーアンチエイジングフードである鮭を、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

関連記事

石田ゆり子もおやつに食べている!卵は優秀なアンチエイジング食材

40代以降におすすめ!綺麗に痩せるサラダ&ツナ缶ダイエットの方法

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*