映画【フェリーニに恋して】シネマジャックアンドベティにて近日上映

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月17日(土)より恵比須ガーデンプレイスの中の映画館「YEBISU GARDEN CINEMA」にて映画【フェリーニに恋して】が公開されています。
気になってはいたのですが「恵比須かぁ、もう少し近場でやらないかなぁ」と思っていたら、大好きな映画館、横浜のシネマジャックアンドベティで1週間7/14~20まで上映されることになりました。

 

スポンサードリンク

あらすじ フェリーニに恋した女性の旅

主人公は、恋人も友達もいなければ働いたこともない二十歳のルーシー。

ルーシーの唯一の理解者は母親のクレア。

クレアは末期の病に侵されている事を隠していましたが、母親に何かが起きている事を感じ取ったルーシーは自立する事を決意します。

就職の面接を受けに行った時目にした「フェリーニ映画祭」の看板。

見終わった後、フェリーニの世界に心を奪われたルーシーはフェリーニを探す旅に出ていき、そこでフェリーニの世界に迷い込んだような様々な経験をしていく事になります。

予告編の映像もキレイで、楽しみな映画です^^。

横浜のシネマジャックアンドベティで近日公開(予定)…予定が気になりますが
あの「夢と現実の区別がつかない世界」…上映が本当に楽しみです。

スポンサードリンク

キャスト どこかで見た事が…

【主人公ルーシー】 クセニア・ソロ
【母親クレア】 マリア・ベロ
【クレアの妹ケリー】 メアリー・リン・ライスカブ 

主人公のクセニア・ソロは、映画「ブラック・スワン」にも出演していた女優さんです。

ブラック・スワンと言えばナタリー・ポートマンなのですが、この映画ではライバル役のミラ・クニスがとっても魅力的でした^^。

もう一人の出演者メアリー・リン・ライスカブ…どこかで見た事が…。

一瞬思い出せなかったのですが、何のことはない一度見だしたらやめられない「24 -TWENTY FOUR-」のクロエでした。

当時あんなに夢中で見ていたのに…^^。

出典:ココロヲ・動かす・映画社〇

フェリーニの魅力

フェリーニ映画の一番の魅力は「夢と現実」の境があいまいな世界です。

そして、一場面を切り取った時の美しさや、よくわからないけど惹かれる魅力的なシーンなどもそうです。

難解といえば難解です。
(最初に「道」を見た時は、確か居眠りをしていた記憶が…)

だけど映画は深読みしたい人はそうすればいいのだし、世界観が好きなら素直に見ればいいだけの事なので、いつも気楽に見ています。

「フェリーニに恋して」は「フェリーニ監督作品への愛にあふれた作品」と、あります。

この作品ではフェリーニの16作品以上の名シーンが出てくるようです。

有名な「道」「甘い生活」「8 1/2」の登場人物と出会うシーンなども、あるようです。

横浜にやってくるのを楽しみに待っています。

追記

やっと公開日が決まりましたが、わずか1週間です^^;

★上映期間 7月14日(土)~20日(金)まで

★上映時間 16:20~18:05

※7月18日(水)女性1,100円/7月19日(木)男性1,100円

シネマジャックアンドベティ公式サイト

 

関連記事

【映画】フェリーニに恋して~引きこもり二十歳女性…自立への旅

映画【8 1/2】あらすじ解説 最も心に残るシーン!サラギーナのルンバ

北川景子のダンスとキャストの弾けっぷり必見!映画【パンク侍】

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*